クレバリーホーム 史上最高レベル UA値0.29W/㎡・K
クレバリーホーム 史上最高レベル UA値0.29W/㎡・K

断熱性能を追求し、
省エネルギーと
快適な暮らし心地の高みへ。

磨き上げた断熱性能で、最も厳しい北海道の基準をも上回るクレバリーホーム史上最高レベルのUA値を誇る「ENELITE(エネリート)」。
冷暖房によるエネルギー消費を抑えながら、一年を通じて理想的な室内環境を整えます。
さらに、開放感とプライバシーを両立したデザイン性や、日々の利便性を高めた間取りも採り入れることで、
快適な暮らし心地を追求した住まいを実現します。

何がすごい? 断熱性能の差は歴然!だから優れた省エネ性を発揮
何がすごい? 断熱性能の差は歴然!だから優れた省エネ性を発揮
ENELITEは、UA値が0.29W/㎡・Kに。
■クレバリーホームUA値と地域区分別UA値の比較
ENELITEは、UA値が0.29W/㎡・Kに。
■クレバリーホームUA値と地域区分別UA値の比較
上の図は、エネリートのUA値と地域区分毎のUA値を比較したグラフです。5・6・7地域と比べると3倍以上、さらには、最も厳しい北海道の基準をも上回る断熱性能を実現しています。
上の図は、エネリートのUA値と地域区分毎のUA値を比較したグラフです。5・6・7地域と比べると3倍以上、さらには、最も厳しい北海道の基準をも上回る断熱性能を実現しています。
UA値とは? UA値は、「外皮平均熱貫流率(がいひへいきんねつかんりゅうりつ)」と言って、
一定の時間あたりどのくらいのエネルギーが住まいから失われるか、を示した数値。間取りや仕様から算出され、UA値が小さいほど「熱が逃げにくい」=「断熱性能が高い」となります。
UA値とは? UA値は、「外皮平均熱貫流率(がいひへいきんねつかんりゅうりつ)」と言って、
一定の時間あたりどのくらいのエネルギーが住まいから失われるか、を示した数値。間取りや仕様から算出され、UA値が小さいほど「熱が逃げにくい」=「断熱性能が高い」となります。
だから! UA値が小さい住まいはこんなところが魅力
だから! UA値が小さい住まいはこんなところが魅力
  • 夏涼しく冬暖かい
  • CO2削減でエコな暮らしを実現
  • 家の中で温度差が少ない
  • 光熱費を節約できる
  • 開放的な間取りが可能
  • 結露防止で住まいの耐久性UP

エネリートを支えるハイレベルな断熱仕様とは…

優れた断熱性能で省エネルギーと快適な暮らし心地を実現。

エネリートを支えるハイレベルな断熱仕様とは…

優れた断熱性能で省エネルギーと快適な暮らし心地を実現。

  • 天井

    小屋裏にこもった熱の侵入を防ぐ
    ブローイング断熱材

    小屋裏にこもった熱を室内に伝えないために、天井には厚さ300mmのブローイング断熱材を充填。複雑に入り組んだ小屋裏の空間でも、このブローイング断熱材によって隙間なく充填でき、断熱効果をさらに高めます。

    ※地域によっては高性能グラスウールマットとなります。

  • 外壁

    高い断熱性・気密性・遮熱性を
    実現した外壁断熱

    外壁に高密度の無機質繊維系断熱材を充填し、外側にはフェノールフォーム断熱材1種2号CⅡを配した2重の断熱構造を採用。また、壁内部の室内側をベーパーバリアシート(気密シート)で覆うことで気密性を高めています。さらに、熱の放射を抑える透湿・防水・遮熱シートを採用しています。

  • 窓

    窓からの熱の出入りを削減する
    樹脂サッシ+Low-Eトリプルガラス

    住まいの断熱性能に大きく影響する窓には、断熱性に優れた「樹脂サッシ」と「アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラス」を採用し、窓からの熱の出入りを削減します。冷暖房効率を高め、エネルギーのムダを大幅に減らしています。

  • 基礎

    床下全体を外気と遮断することで
    優れた断熱性能を発揮

    建物の外周に面した基礎の外側と内側に押出法ポリスチレンフォーム3種50mmを施工。建物の外側で冷気を遮断するため床下空間が外気に左右されにくくなり、床下全体で高い断熱性能を発揮します。

  • 天井

    小屋裏にこもった熱の侵入を防ぐ
    ブローイング断熱材

    小屋裏にこもった熱を室内に伝えないために、天井には厚さ300mmのブローイング断熱材を充填。複雑に入り組んだ小屋裏の空間でも、このブローイング断熱材によって隙間なく充填でき、断熱効果をさらに高めます。

    ※地域によっては高性能グラスウールマットとなります。

  • 外壁

    高い断熱性・気密性・遮熱性を
    実現した外壁断熱

    外壁に高密度の無機質繊維系断熱材を充填し、外側にはフェノールフォーム断熱材1種2号CⅡを配した2重の断熱構造を採用。また、壁内部の室内側をベーパーバリアシート(気密シート)で覆うことで気密性を高めています。さらに、熱の放射を抑える透湿・防水・遮熱シートを採用しています。

  • 窓

    窓からの熱の出入りを削減する
    樹脂サッシ+Low-Eトリプルガラス

    住まいの断熱性能に大きく影響する窓には、断熱性に優れた「樹脂サッシ」と「アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラス」を採用し、窓からの熱の出入りを削減します。冷暖房効率を高め、エネルギーのムダを大幅に減らしています。

  • 基礎

    床下全体を外気と遮断することで
    優れた断熱性能を発揮

    建物の外周に面した基礎の外側と内側に押出法ポリスチレンフォーム3種50mmを施工。建物の外側で冷気を遮断するため床下空間が外気に左右されにくくなり、床下全体で高い断熱性能を発揮します。

※ご提案プランにより、一部仕様が異なる場合がございます。

このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら