家づくり用語集

次世代省エネルギー基準

次世代省エネルギー基準とは、二酸化炭素の排出を抑えて、地球温暖化対策に貢献するために設けられた基準のことです。
住宅金融支援機構の融資において、基準を満たすと、最も低い基準金利を適用されたり、一定額の割増融資が受けられます。

昭和55年に旧建設省・通産省によって、省エネルギー法に基づく住宅の断熱性能基準の「省エネルギー基準」が定められ、それが平成4年に「新省エネルギー基準」となり、平成11年に次世代省エネルギー基準として「住宅に係わるエネルギーの使用の合理化に関する基準」が告示されました。新省エネルギー基準に比べて、10~30%程度の省エネ効果の向上を図るため、年間暖冷房負荷の基準設定、夏期日射取得係数の基準値強化、気密性能(相当すき間面積)を全国的に適用、熱損失係数の基準値強化、都道府県単位の地域区分を見直し、市町村単位に細分化、防露・換気・暖冷房・通風計画・空気汚染の配慮事項の明確化、などの改正がおこなわれています。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら