家づくり用語集

火災荷重

火災荷重とは、火災時における炎の成長の規模・速度は、室内の可燃物の量によって大きく変動するといわれており、この可燃物の量の目安として用いられているもの。
建材や資材、家具、カーテン類などの可燃物の量を床面積当たりで計算したもので、Kg・・・m2で表されます。
火災荷重の数値が大きいほど燃えやすいことになります。
このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら