家づくり用語集

外壁耐火構造

外壁耐火構造とは、外壁部分を一定の耐火構造にすることで、準耐火構造と同等の準耐火性能を有しているとみなされます。
具体的には、外壁を耐火構造とし、屋根を不燃構造(耐火構造・準耐火構造の屋根、または瓦、石綿スレート、金属板等の屋根を用いること)とします。
さらに延焼のおそれのある部分の屋根は、20分間の非損傷性(屋内火災時に火炎を20分間、屋外に出さないこと)を有するものにすること、などがあげられます。
このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら