家づくり用語集

屋根

屋根とは、建築物の上方で建物を覆う部分のことで、建物のデザインや地域性、気候に合わせてさまざまな形状があります。
代表的なものに次の形式があります。
(1)入母屋屋根(いりもややね)・・・上部が「切妻屋根」、下部が「寄棟屋根」のようになっている屋根。
(2)片流れ屋根(かたながれやね)・・・1方向だけに勾配のある最も単純な形の屋根。比較的規模の小さな山荘や付属棟の屋根、物置などに見られます。
(3)切妻屋根(きりづまやね)・・・本を開いて伏せたような形をしている屋根で、わが国で最も代表的な屋根形式。2方向へ雨水が流れるシンプルな形のため、建築費も安くすみます。
(4)方形屋根(ほうぎょうやね)・・・中央の1点を頂点として四方に傾斜する四つの面で構成する四角錐(しかくすい)のような形の屋根。
(5)寄棟屋根(よせむねやね)・・・4方向の勾配で構成される屋根。切妻屋根のような妻側の壁がない。端正な外観となります。
(6)陸屋根(ろくやね、りくやね)・・・ほとんど傾斜がなく水平に近い屋根のことを指します。

このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら