家づくり用語集

偏心率

力の作用線が材料の断面の中心を通らず、ずれていることを「偏心」といい、そのずれの程度を「偏心率」と呼びます。
住宅などの建築物に耐震構造を採用しても、偏心率が大きければ、設計計算通りの耐震性を得ることはできません。
建築基準法では、高さ13m超または軒の高さ9m超の木造建築物をはじめとする特定建築物に対して、「偏心率は100分の15を超えないこと」と、定めています。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら