家づくり用語集

場所打ちコンクリート杭

場所打ちコンクリート杭とは、建設・工事現場において、所定の場所を堀削して、その中に現場で組んだ円筒状の鉄筋を掘削した地盤の中に落とし込み、後からコンクリートを穴の中に流し込み、固めて杭を形成します。
建築基準法では、敷地の地耐力(地盤が建物の荷重を支え続ける強さのこと)に応じて、場所打ちコンクリート杭などの基礎杭か、ベタ基礎、布基礎を選択するよう定められています。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら