安心して家事と子育てができる、開放的な吹き抜けの住まい。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 安心して家事と子育てができる、開放的な吹き抜けの住まい。

建築実例

安心して家事と子育てができる、開放的な吹き抜けの住まい。

新潟県 S様邸

縦への開放感と明るさをもたらす吹き抜けが印象的なリビング。「最初から決めていたんです」とご主人のお言葉通り、S様邸を象徴する空間になっています。
ホワイトを基調とした総タイル貼りのデザイン。玄関ポーチに、アクセントとしてブラウンのタイルをあしらってシンプルな中にも個性が光る外観を演出しています。

「シュフレ」との出会いで大きな影響を受けた。

ご主人の憧れだったというリビングに配した大きな吹き抜け。通風・採光はもちろん、上下階の家族の気配をつなぐ役割も果たすなど、S様邸の象徴的な空間となっています。

ご夫妻の住まいづくりのきっかけは、お子さまの誕生だったと言います。「家事に子育てが加わったので、家事ラクや子育てのしやすさ、子どもの成長を見据えた収納の確保は必須でした」と奥さま。

そんな中、クレバリーホームの女性目線の住まい「シュフレ」のモデルハウスと出会います。

「まさに、私たちが想い描いていた理想的な間取りのアイデアが詰まっていました」とご夫妻は当時を振り返ります。

S様邸の間取りは、1階はリビング・ダイニング・キッチンを中心に、家事ラクアイデアやスムーズな生活動線を採り入れたプラン。中でも奥さまのこだわりは、家事効率を考えた動線です。キッチンやリビングをグルリと回れたり、サニタリーとサンルームを隣接させるなど、日々の家事の流れを考えた動線計画となっています。

さらに、親子の自然な会話を育むリビング階段を設けたり、将来的にお子さまの学びの場となるスタディコーナーをキッチンから目の届く位置に配置するなど、子育てのしやすさへの配慮も光ります。

2階は、ウォークインクローゼットや書斎コーナーを配したご夫妻の主寝室をはじめ、現在はお子さまのプレイルームとなっている子供部屋、ホビールーム、来客時はゲストルームとして重宝する和室などを配置しています。

また、壁一面を可動棚で構成した大型のパントリーやサニタリー収納、リビング収納を設けるなど、使い勝手はもちろん、これからお子さまの成長とともに増えていく荷物の量も見据えた、適材適所の収納計画もポイントです。

さらに外観は、クレバリーホームを選ぶ決め手の一つだったという外壁総タイル貼りのデザイン。ホワイトをベースにブラウンのアクセントをあしらった外観は、街並みに調和しながらも住む人の個性を表現しています。

将来を見据えて、理想のマイホームを実現したS様ご家族。快適な住み心地に大満足のご様子でした。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻+お子さま1人
延床面積:132.28㎡(40.01坪)
1階=68.11㎡(20.60坪)
2階=64.17㎡(19.41坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年12月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<マグネットウォール>
キッチン脇の壁面に鉄板を入れてマグネットが付くように工夫しています。「壁に穴を開けずに写真やメモなどが貼れるので便利です」と奥さまもニッコリ。

オーナー様

住まいづくり全体を通してとても楽しかったです。仕事でなかなか時間が取れず合間で連絡することも多かったのですが、常に丁寧に対応してくれました。また、スタッフの知識・アイデア・提案力も優れており、安心してお願いすることができました。家事も子育てもしやすく、住み心地も快適なマイホームが完成しました。

家事ラク・子育て・収納。女性目線のアイデアが満載。

S様邸では、家事ラク・子育て・適材適所の収納といった、クレバリーホームの女性目線の住まい「シュフレ」の間取りアイデアを数多く反映しています。「とても使いやすい間取りになりました」と奥さまも大満足のご様子です。

キッチンは、奥さまの使い勝手を考えて、左右両方から出入りできるようにしています。吊戸棚をなくすことで、オープンなキッチンを実現。ご夫妻の笑顔も溢れます。
キッチンの裏手には、大型のパントリーを配置。可動棚を4つに分割することで、大きさが違うモノもスッキリとしまえるように工夫しています。
リビングには、将来的なお子さまの学びの場として、スタディコーナーを配しています。キッチンからも目が届くよう配置を工夫しています。
タオルや着替えをしまえるサニタリー収納を配置。また、サニタリーと洗濯物を干すサンルームを隣接させ、スムーズな家事動線を実現しています。
限られたスペースでも、トイレットペーパーのストックや掃除道具をしまえる壁埋め込み式のトイレ収納を採用しています。
メインの玄関には、靴の脱ぎ履きに便利なベンチを設けています。また、家族の靴や雨具などをしまうファミリー玄関も配置しています。。
主寝室には、ウォークインクローゼットやご主人が仕事関係の勉強をするための書斎コーナーを配置しています。
将来的には子供部屋になる予定ですが、現在はプレイルームとして活用。「おもちゃを出しっぱなしでも安心です」と奥さま。

趣味の時間や来客時など、様々なシチュエーションで自由に使える空間を確保。

S様邸では、ご夫妻それぞれの趣味の時間も大切にしたいとホビールームを配置。さらに、来客時のゲストルームとして和室を設けるなど、様々なシチュエーションで自由に使える空間を確保することで、ライフスタイルにもゆとりが生まれます。

2階の一室は、ご夫妻のホビールームとして活用しています。ご主人も気兼ねなく趣味のラジコンに没頭できます。
「和室を設けたかった」というご夫妻のご要望通り2階に4.5帖の和室を設けました。来客時のゲストルームとして活用しています。

ページの先頭へ