ホームバー・自宅バーカウンターのある家|クレバリーホーム
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 明るさと遊び心を兼ね備えた、収納たっぷりのわが家。

建築実例

ご主人こだわりの「バーカウンターのある家」

明るさと遊び心を兼ね備えた、収納たっぷりのわが家。

岡山県 F様邸

リビングを見下ろす吹き抜けは、光と風を届け、家族のつながりを育みます。また、ご家族とのつながりを感じながら一人の時間も楽しめるように、バーカウンターを設置しています。
外壁総タイル貼りのF様邸。南面の屋根には5.93kWの太陽光パネルを搭載。右側に建つお姉さまの住まいもクレバリーホームに依頼したそうです。

バーカウンター、収納、家事ラク、子育て、吹き抜け、太陽光・・・
テーマの全てが実現

リビングを見下ろす吹き抜けやホールに設けたホームバー。そんな開放感や遊び心を感じさせる空間構成が印象的なF様邸。当初、大手ハウスメーカーを中心に見学していたそうですが、15年以上前からクレバリーホームに住んでいたご両親から勧められて、クレバリーホームも選択肢に入れることに。「外壁タイルや構造、高気密・高断熱、自由設計など、大手と比較しても遜色なくコストパフォーマンスも良かったのが決め手になりました」とご夫妻はおっしゃいます。

そんなF様ご夫妻が実現したのは、子どもの成長にもしっかりと対応できる収納力をはじめ、家事ラク、子育てのアイデア、吹き抜けやホームバーといった個性を演出する空間構成、太陽光発電システムなど多彩な魅力を備えたマイホームです。

中でも「子どもの成長につれモノが増えていくので、収納は多く設けました」と奥さまの言葉通り、ご夫妻がこだわったのは収納です。シューズクロークやサニタリー収納、ウォークインクローゼット、納戸、ロフトなど、適材適所に配されているのがポイントです。

またF様邸は、生活空間にも様々なアイデアが。1階は、ライフスタイルにメリハリを付けるために、リビングとダイニング・キッチン、和室を程よくセパレート。そこに、オープンスタイルのキッチンや奥さま専用の家事コーナー、お子さまの勉強の場となるスタディコーナー、上下階の気配をつなぐ吹き抜け、リビング階段など、家事ラクやご家族のふれあいを育む様々なアイデアを採り込んでいます。

2階は、バーカウンターをはじめ、勾配天井が印象的な主寝室や子供部屋などを配置。特に、バーカウンターはご主人のこだわりで、壁の棚にはお酒がズラリ。

さらに、光熱費を削減するために太陽光発電を採用しているF様邸。多い時で2万円の売電収入があることも。「10年間固定価格で売電できるのも安心につながります」とご夫妻。

当初、掲げられたテーマをすべて叶えることで、充実のマイホームを実現されたF様邸。これからもご家族の笑顔があふれる、快適な毎日が続いていくことでしょう。

設計のポイント

POINT 01:ご主人こだわりのバーカウンター

吹き抜けを見下ろす2階ホールには、ご主人こだわりのホームバーを設置。

POINT 02:たっぷり収納で子どもの成長にも対応

子どもの成長と共に増え続ける。先を見越した収納アイデアが光ります。

POINT 03:家族のふれあいと家事ラクがテーマの間取り

子どもたちのスペースは、キッチンから目の届く範囲に。家事ラク導線もポイントです。

DATA

所在地:岡山県
家族構成:ご夫妻+お子さま1人
延床面積:133.71㎡(40.43坪)
1階=71.63㎡(21.66坪)
2階=62.08㎡(18.77坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年3月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<2階ホール>
2階のホールには、大理石調の天板が印象的なご主人こだわりのバーカウンターを配置。一人の時間はもちろん、奥さまやご友人と過ごすのも楽しみなのだそうです。

オーナー様

自分たちで一つひとつ選びながら創り上げていける、自由設計ならではの醍醐味を実感しながらの住まいづくりはとても楽しかったです。スタッフのレスポンスも早く、私たちのイメージに沿った提案をしてくれたので、スムーズに進めることができました。住み始めて1年以上経ちますが、夏は涼しく冬は暖かいので快適です。

子どもの成長とともに増えるモノを見据えた適材適所の収納計画。

「子どもの成長につれモノが増えていくので、収納は多く設けました」と奥さまのお言葉通り、F様邸では大小様々な収納を配しています。お子さまの衣類やおもちゃをはじめ、ご家族それぞれのモノや季節用品などもスッキリとしまえて便利です。

ファミリー玄関を採用したF様邸。左の奥は、アウトドア用品をしまうシューズクロークになっています。メインの玄関をいつでもスッキリとした状態に保つアイデアです。
タオル収納や埋め込み式の物干しを採用したサニタリー。お子さまの入浴時に着替えなどがしやすいように、空間も広く取っています。
トイレ用品のストックや掃除道具をしまえるように、トイレに続く廊下の壁面に収納を配置しています。壁埋め込み式なので、でっぱりもなくスペースの限られた場所でも便利です。
落ち着きを醸し出す主寝室。勾配天井が縦への開放感を創出しています。収納は「必ず付けたかった」というウォークインクローゼットに加えロフトも配置しています。
主寝室の梯子を上ると、たっぷりの広さを確保したロフトが広がります。使用頻度の低いモノをしまう場所として重宝しています。

家族のふれあいや家事ラクをテーマに採用した間取りアイデア。

毎日の暮らしの中で、家族がさりげなくふれあえること。また、奥さまの家事への負担が少しでも軽減されること。そんなテーマを実現するために、F様邸では様々なアイデアを間取りに採り入れています。「家族のコミュニケーションが自然にとれるのがいいですね」とご夫妻。

外壁タイルを使用したアクセントウォールやスリット状の柱が印象的なリビング。リビング階段やスタディコーナーなど、子育てのしやすい間取りアイデアもポイント。
キッチンは、奥さまのこだわりで、吊戸棚をなくした対面式のオープンスタイルに。お料理をしながらダイニングにいるご家族といつでも会話をすることができます。
玄関から直線でつながるキッチンは、日々の利便性を考えて生まれたアイデア。買い物してきた荷物もサッとしまうことができます。ご家族の帰宅時の声掛けにも重宝します。
ご夫妻が「必ず採用したかった」というスタディコーナーとリビング階段。どちらも家族どうしのふれあいを育むアイデアです。
ダイニング・キッチンに隣接する和室は、客間や節句人形を飾るスペースとしてはもちろん、奥さまから目が届きやすいことから、お子さまの遊び場やお昼寝の場としても活用しています。
少々の雨でも干した洗濯物が濡れないように、深めに軒を設けてインナーバルコニーとしています。「共働きで外出していることも多いので助かります」と奥さま。

ページの先頭へ