抜群の明るさと開放感をもたらす、吹き抜けリビングのある家。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 抜群の明るさと開放感をもたらす、吹き抜けリビングのある家。

建築実例

抜群の明るさと開放感をもたらす、
吹き抜けリビングのある家。

東京都 T様邸

勾配天井が抜群の開放感を演出する2階に設けたリビングは、T様邸を象徴する空間。南側を中心に設けた開口部からは、まぶしい陽射しが降り注ぎます。また、ダイニングにかけて、床材はお手入れが簡単なフロアタイルを採用しています。
ホワイトを基調に、アクセントとしてブラウンのタイルを貼り分けたT様邸の外観。片流れのルーフラインをはじめ、大小様々な窓の配置やポーチ、インナーガレージが個性豊かな表情を演出しています。

快適を高める機能性・利便性に、抜群の開放感を加えたプランを実現。

住宅関係のお仕事をされているご主人が新築にあたりこだわったのは、外壁総タイル貼りや地震に強い構造はもちろん、その他の仕様・設備とコストのバランスだったとおっしゃいます。「大手も含め比較検討しましたが、仕様や設備、提案力、スタッフの人柄など、家づくりを進める上で大事な要素をすべて満たしていたのがクレバリーホームでした」。

T様邸が実現されたのは、地震や台風に強いオリジナルのSPGモノコック工法をベースに、さらなる高気密・高断熱を実現する発泡吹付け断熱材や、いつでも家じゅうを一定の温度に保つ全館空調システムなど、安心と快適を叶える性能をプラス。プランは、1階に各個室を配置し、2階にワンルーム構成のLDK+和室、水まわりを配置。中心となるのは、開放感を演出する吹き抜けリビング。隣接する和室を開け放てば、LDKと一体となりさらに大きな空間が出現します。キッチンまわりには、パントリーをはじめ、サニタリー、家事コーナーなど、家事動線を考えた配置も光ります。さらに、ダイニングの一角に設置した、お子様のスタディコーナーについて聞いてみると「キッチンでお料理をしながら様子をうかがえるのでとても便利です」と奥様もニッコリ。住まいの快適を高める機能性・利便性に、抜群の開放感を加えたT様邸。住み心地も大満足のご様子です。

DATA

所在地 :東京都
家族構成 :ご夫妻・お子様1人
延床面積 :171.97㎡(55.35坪)
1階=89.16㎡(31.18坪)
2階=82.81㎡(24.17坪)
商品名 :CXシリーズ
竣工年月:2012年3月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<玄関ホール>
家族やゲストを迎える玄関ホールには、間接照明入りの造作を配置。調湿や消臭効果はもちろん、デザイン性も高いエコカラットを採用しているので一石二鳥。T様邸のセンスがうかがえます。

オーナー様

細部にまで自分たちの理想が図面に反映されていくたびに、自由設計を最大限に活かす提案力をクレバリーホームは持っているなと実感しました。知識やアイデアの引き出しも多く、このスタッフで正解だったなと思いました。今までは、休みの度にあちこち出かけていましたが、今は家の居心地が良すぎて外出が減りました。

家事ラク+家族のふれあいを育むアイデア。

奥様の毎日の家事への負担を少なくする家事ラクアイデアと、ご家族がいつでもさりげなくふれあえる工夫を間取りに反映しています。

リビング・ダイニングが見わたせるように、オープンな対面式キッチンを採用。背面のパントリーやダイニング側の壁を利用した造作の棚もポイントです。
バルコニーに隣接する場所に、家事コーナーを設置。干す、たたむ、しまうまでをスムーズにこなすことができます。
キッチンから目が届くダイニングの一角に、お子さまのスタディコーナーを配置。壁埋め込みの本棚も採用しています。
「お子さまと一緒に入浴したい」とご主人がバスタブのサイズにこだわったバスルーム。青のモザイクタイルのアクセントも印象的です。

大型収納は、何かと場所をとるモノの指定席に。

玄関や小屋裏など要所に設けた大型の収納は、ゴルフバッグや暖房機器、季節モノなどの指定席に。いつでもスッキリと片付いた住まいを実現します。

モデルハウスで利便性の高さを実感したというファミリー玄関を採用。家族の靴をはじめ、趣味の道具なども収納場所としても重宝されているそうです。
LDKに荷物を極力置かないようにするために、季節用品や使用頻度の低いものは、まとめて小屋裏収納へ。階段を設置しているので、荷物の出し入れも便利です。

ゲストが来た時も対応できる柔軟な間取りが魅力。

家族だけのときもゲストをおもてなしするときも、空間に柔軟性や利便性を持たせておくことで、快適性を損なわずに対応することができます。

LDKに隣接する小上がりの和室は、閉め切りにすれば独立の和室に。また、ゲストが大人数の場合、引き戸をすべて取り外すことで、LDKと一体化させ大空間を創出することができます。
普段はお子様がプレイルームとして活用している子供部屋。来客時は、ゲストルームへと早変わり。1つの部屋にいくつもの役割を持たせることで、暮らしの幅が広がります。
落ち着きのあるコーディネートが印象的なトイレ。広さにゆとりを持たせ、鏡付きの手洗い水栓を完備しています。

ページの先頭へ