「子育て」「共働き」の間取りアイデア|家事ラクの建築実例
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 共働きというライフスタイルで、家事ラク+子育て重視の間取り

建築実例

共働きというライフスタイルで、家事ラク+子育て重視の間取り

群馬県 S様邸

キッチンと一体化したダイニングには、畳スタイルを配置。ご主人の趣味でもあるカクテル作りの酒瓶専用の飾り棚がアクセントになっています。また、キッチン側のカウンターは、将来のお子さまの勉強スペースとなる予定だそうです。
「クレバリーホームを選ぶきっかけの1つになりました」とS様こだわりの総タイル貼りの外観デザイン。ホワイトを基調に、アクセントとして種類の異なるタイルや3連の窓をあしらい、上品さと個性を表現しています。

家事ラク+のびのび子育てを実現したマイホーム

「共働きなので、家事ラク+のびのび子育てがマイホームに求める第一条件でした」とお話しくださったのは、群馬県にお住まいのS様。総合展示場で偶然見つけたクレバリーホームの家事ラクと子育てを意識した間取りや総タイル貼りの外壁、地震に強い構造などに惹かれたそう。実際にご夫妻は、千葉県君津市にあるクレバリーホームの家づくりのすべてがわかる「住宅館」にて、体験宿泊や最新のモデルハウスの見学で実際の住み心地をチェック。中でも、女性目線のアイデアを数多く採用した「シュフレシリーズ」は参考になったそうです。

そして実現したS様邸は、家族専用の動線や土間収納、ミニ水栓を完備した充実の玄関エリアをはじめ、団らんの中心となるリビングには、上下階の気配や家族の自然なふれあいを考慮して、吹き抜けとリビング階段を採用。また、リビング・ダイニングが見渡せる対面式のキッチンや独立のランドリースペースはもちろん、和モダンが好きというご夫妻がこだわったダイニングの畳スペースには将来のお子さまの勉強スペースとなるカウンターを設置するなど、家事ラクと子育てのアイデアが光ります。さらに2階にもご夫妻のこだわりが。2か所に配置したホールは、1つをファミリーライブラリーに。南側に面したもう1つは、アコーディオンカーテンで仕切れる室内物干しとしました。「要望がすべて叶い、住み心地抜群です」。大満足のS様ご夫妻でした。

設計のポイント

POINT 01:共働きを重視した間取り構成

共働きというライフスタイルを考えた間取りを工夫しています。

POINT 02:女性目線で家事ラクを実現

共働きだからこそ家事の負担の軽減が重要。女性ならではのアイデアが生きています。

POINT 03:子供の成長に合わせて変化する間取り

広々とした寝室は、間仕切りで分割可能。子供が増えた時も安心です。

DATA

所在地 :群馬県
家族構成 :ご夫妻・お子様1人
延床面積 :183.00㎡(55.35坪)
1階=103.09㎡(31.18坪)
2階=79.91㎡(24.17坪)
商品名 :CXシリーズ
竣工年月:2012年1月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<2階ホール(ファミリーライブラリー)>
2階ホールに設けたファミリーライブラリーは、読書好きのご夫妻を象徴する空間。お子さまも楽しそうです。

オーナー様

土地探しから親身になって対応してくれたのは、クレバリーホームだけでした。その時抱いた「しっかりやってくれそうだな」という予感は当たりました。出した要望はほとんど叶えていただきました。テーマ通り、家事ラクで、子育てものびのびと出来ています。住み心地も夏涼しく、冬暖かの高気密・高断熱を実感しています。

家事ラクを叶える女性目線のアイデアを各所に配置。

共働きというライフスタイルのS様邸では、なるべく家事の負担を減らすために間取りに女性目線ならではのアイデアを反映しています。

キッチンの床には、汚れや水はねに強いフロアパネルを採用。また、対面式なのでリビング・ダイニングの様子もうかがえます。IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機の使い心地も抜群だとか。
パントリーからサニタリー、脱衣所、浴室までを直線で結ぶことで、スムーズな水まわり動線を確保しています。
南側に面した2階ホールは、雨天時や外出時にも便利な物干しスペースとしました。透過性の高い素材のアコーディオンカーテンで空間をセパレートできる工夫もポイントです。

使い勝手を考えた多彩な収納スタイルを採用。

いつでも家じゅうをキレイな状態に保つために、効率的な収納を実現できるよう、使うモノと場所を考えてS様邸では様々な収納アイデアを採り入れています。

ファミリー玄関も兼ねたシューズクロークには、ご家族の靴以外にもバッグやコートなども収納しています。また、キッチンまで一直線に続くバックヤードの動線もポイントです。
土間収納の最奥部は、将来的に家庭菜園をやる際に便利なように、スロップシンクを採用。また、駐車場に面した位置に勝手口を付け、荷物の出し入れもラクラクです。
キッチンの背面には、大型のパントリーを採用しています。ゴミ出しの際にも便利なように勝手口も設けています。

ゲストをお出迎えすることを想定して空間を創る。

S様邸では、ゲストが来たときのことも想定して間取りを構成。「いつでも気持ちよくお出迎えしたい・・・」そんなおもてなしの心が空間に息づいています。

「お客様をお迎えするメインの玄関ですから、ゆったりとした空間にこだわりました」とK様。玄関収納上のニッチが空間に華やかさをもたらします。
大切なお客様をお迎えするゲストルームとして、独立した和室を配置。広縁や床の間など、本格的な和のしつらえが印象的です。
タンクレストイレを採用し十分な広さを確保。ゲストがお化粧を直せるように、鏡付きの手洗い水栓も設けています。

様々な役割を持たせた空間構成もS様邸の魅力です。

日々の暮らしで起こる様々なニーズを想定して、空間にいくつもの役割を持たせているS様邸。快適性と利便性を併せ持つ間取りアイデアが魅力です。

開放感に加え、上下階の家族の気配をつなぐ役割も果たす、吹き抜けを配置したリビング。何年経っても家族が自然にふれあえるようにと、リビング階段と併せて採用されたそうです。
お庭に面する開口部は、水槽のお手入れも考えてフルオープンタイプのサッシを採用。また、出てすぐのテラスには水栓を設置しています。S様邸ならではの工夫です。
広々とした空間が魅力の主寝室。隣接したご夫妻の書斎とは、パネルの間仕切りで簡単に2つに分けることができます。将来的にお子さまが増えても対応できるようにとのことです。

ページの先頭へ