クレバリーホームクレバリーホーム

OWNER’S VOICE

やる気次第で必ず伸びる事業だと
確信させてくれるのが、クレバリーホームという存在。

齋藤 義勝 様(現:取締役会長)YOSHIKATSU SAITOH

店舗情報加盟法人
クレバリーホーム新潟東店
クレバリーホーム新潟西店
クレバリーホーム新潟中央店
クレバリーホーム長岡店
クレバリーホーム上越店
株式会社又助組
加盟年月 平成11年10月創業年月 昭和3年8月

※2020年8月現在

FC加盟に至る経緯は?
一般住宅への本格参入を図るいちばんの近道。
新潟県村上市で昭和3年に創業し、土木関係の公共事業を柱に、在来工法の一般住宅も年に2~3棟ほどですが受注していました。バブルがはじけ景気が悪くなるのと同時に、公共事業も年を追うごとに目減りしていきました。そろそろ、何か手を打たなければ会社がダメになる・・・と思っていたときに、税理士から建築会社の購入話が舞い込んできたんです。公共事業がダメなら、民間に活路を見出そうと思っていた矢先でしたので、購入したその会社を立て直すために、一般建築に本格参入しようと考えました。ただ、本格参入していくにしてもこれからの時代、競争力を高めるにはデザイン性や性能は高く、なおかつコストダウンをしていかなければ勝てない。そこで、販売ノウハウなどもある住宅FCに加盟するのがいちばんの近道だと思い至ったんです。
クレバリーホームに決めた理由は?
きっかけは一枚のFAXでした。
FC加盟を考えはじめた頃は、まだ公共事業の方でなんとか食べていけていましたから、数年後に新規事業としてできればなと漠然と考えながら、あちこちの住宅FCを訪ね歩いたり、資料を取り寄せたりしながら2年ほど比較検討していました。そんなときに、クレバリーホームのFCに関するFAXが流れてきたのです。そこには、「タイルの家がサイディングの価格で建つ」と書いてあり、そんなわけないと思いました。しかも、その頃クレバリーホームは、3~4年くらいのFC経験しかありませんでしたし、余計に半信半疑でした。(笑)
確かに、その価格でも下請けを泣かせれば1棟や2棟は建つだろうと思いましたが、事業として恒久的に進めていくには、それではだめ。ですが、もし下請けを泣かすことなく本当にその価格を実現しているのであれば、逆にどうやっているのかすごく気になったので、千葉県君津市の「住宅館」(※現:ハウジングスクエア)まで足を運んだのです。実際にクレバリーホームの構造や外観デザイン、モデルハウスに至るまで確認してみると、今まで見た住宅FCの中で、一番、私たちがやってきた在来工法に近かったですし、構造や品質、デザイン性が高く、コストパフォーマンスにも優れていて、まさに理想の住宅FCだと思いました。これだったら下請けや協力業者を泣かすことなくやっていけるなと確信しました。
今後の目標は?
モデルハウス4棟体制で、年間100棟を目指したい。
最初は、モデルハウスも1棟でしたので、採算ベースと考えていた25~35棟を目標に、10年で250棟が目標でした。それが、モデルハウスが2棟体制となり、インショップ形態の店舗を出店してからは、年間50棟、10年で500棟が目標となりました。年間50棟の目標は、2011年に大型のリフォーム物件も合わせ達成することができました。今後は、新潟西店と東店それぞれモデルハウスを2棟ずつ計4棟体制にして、年間100棟を目指しています。そして、最終的には、総合的な住宅コンサルタントができる会社にしていきたいと考えています。
新規事業展開を考える新しい仲間へひとこと。
「やれば必ず成果は出る」と、強い気持ちで臨んでほしい。
加盟当初は、クレバリーホームを新潟市でどう宣伝すればいいか本当に悩みました。FC本部のバイザーにもアドバイスをいただきながら集客イベントを開催したり、屋外やスポーツ施設に看板を設置したり、キャンピングカーをラッピングして宣伝カーとしたり、社用車はもちろん、自家用車にもクレバリーホームのステッカーを貼ったり・・・と、ありとあらゆる告知方法を施しました。その甲斐あってか、4~5年前くらいから徐々に知名度が上がっていき、同時に売り上げもアップしていきました。4~5億の売り上げがあがってきたとき、ようやくクレバリーホームに加盟してよかったな、と思いました。今では、クレバリーホームと共に生きていこうと思っています。(笑)
新規事業に打って出るときは、どうしても大きなお金が動きますから、正直、迷った時期もありました。ですが、動かないと何も見えてこない。だからこそ、とにかく動いてみよう、と私は自分の気持ちを奮い立たせました。これから加盟を考えている方にアドバイスできるとすれば、クレバリーホームで必ず受注を取るんだ、と強い気持ちで臨めば、必ず結果はついてくるということです。私自身もやる気次第で必ず伸びる事業だと確信しています。また、クレバリーホームは、そんな気にさせてくれる住宅FCだと思います。

CONTACTお問い合わせ

「クレバリーホーム」のFCシステムについて、より詳しい説明をご希望の場合は
以下のお問い合わせフォームか、お電話にてご連絡ください。
オンライン加盟相談予約フォーム FC加盟のご相談は、オンライン形式でも可能です。こちらからお申し込みください。