法規の家づくり用語 | 延焼のおそれのある部分 | 構造・技術 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 家づくり用語集
  3. 延焼のおそれのある部分

家づくり用語集

延焼のおそれのある部分

延焼のおそれのある部分とは、建築基準法は、隣地境界線や道路中心線から、「1階においては3m以下の距離にある建築物の部分」「2階においては5m以下の距離にある建築物の部分」を、延焼のおそれがある部分として防火措置を指導しています。
また同じ敷地内(500m2超)に二つ以上の建築物が建てられている場合にも、それぞれの建物の外壁の中心線から、1階は3m以内、2階は5m以内を延焼のおそれがある部分と指定しています。
ただし、建物の一つの面が、「公園や広場、河川、海、耐火構造の壁」に面している場合は、その面に関する防火措置は講じなくてもよいと定められています。

ページの先頭へ