二世帯住宅。上手くいくかな?

二世帯住宅。上手くいくかな?

最近「ZEH(ゼッチ)」という言葉をよく耳にしますが、皆さんは理解していますか?これは、政府のエネルギー政策として「省エネ」が推進される中で新たに誕生した住まいのカタチ。それでは、「ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは何か、その特徴やメリットを抑えておきましょう。

これからの住まいに「ZEH(ゼッチ)」という新たな常識を。

住宅の省エネルギー化を進める政府が、最終的に目指しているのはエネルギーを自ら創りだす家「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス=ZEH(ゼッチ)」です。今までは、2013年に導入された「改正省エネ基準」の適用をすべての住宅に義務化し、消費するエネルギー量を削減することを目標としていましたが、これからの住宅は、エネルギー消費量を抑える家から、自宅で使うエネルギーをまかなう「ZEH(ゼッチ)」へとシフトしようとしているのです。

これからの住まいに「ZEH(ゼッチ)」という新たな常識を。

「断熱」「省エネ」「創エネ」3つのステップで実現する未来の新基準。

「ZEH(ゼッチ)」とは、毎日使うエネルギーよりも自宅で創るエネルギーのほうが多い、もしくはゼロになる「エネルギーを自給自足する家」のこと。ポイントになるのは、「断熱」「省エネ」「創エネ」という3つのステップです。少ないエネルギーで快適な室内空間を実現する「断熱」、家庭内で消費されるエネルギーの中で大きな比率を占める冷暖房や給湯、照明などに使われるエネルギーを抑える「省エネ」、毎日のエネルギーを自宅で創る「創エネ」。エネルギーの消費を抑えるだけでなく自然エネルギーを上手に活用することで、賢いエネルギーライフを実現できるのです。

これからの住まいに「ZEH(ゼッチ)」という新たな常識を。

地球だけでなく、住まう人にもメリットの多い「ZEH(ゼッチ)」。

エネルギーを自宅でまかなう「ZEH(ゼッチ)」には、環境保護への貢献だけでなく、住まう人にもたくさんのメリットがあります。例えば、家計で一番気になる光熱費の削減。さらに、外気に影響されにくい快適な室内環境を保てること、将来的にも市場で評価される資産価値の高さなど、現在だけでなく、万が一の時や将来的な備えとしても大きな価値を持っている住まいと言えます。毎日使うエネルギーを自分たちのメリットに変えていく「ZEH(ゼッチ)」は、まさに未来の新基準なのです。

これからの住まいに「ZEH(ゼッチ)」という新たな常識を。

クレバリーホームなら

環境にも住まう人にも優しい住まいを実現する「スマートエブリZERO」。

クレバリーホームなら、冷暖房エネルギーのムダを減らす「高断熱仕様」、暮らしで使うエネルギーを抑える「省エネ設備」、自然の力を活かして電力を生み出す「創エネ設備」など、先進の技術を採り入れ、ZEH(ゼッチ)の基準を高いレベルでクリアした住まいをご提案しています。

詳しくはこちら

環境にも住まう人にも優しい住まいを実現する「スマートエブリZERO」。

詳しくはこちら

一覧に戻る

他にもこんな記事があります。

  • 何で外壁タイルが
おすすめなの?
  • 二世帯住宅。
上手くいくかな?
  • 外壁をキレイに長持ちさせるには?
このページの先頭へ