家づくり用語集

寄棟屋根

寄棟屋根(よせむねやね)とは、屋根形状の一つで、棟木に四方向の屋根勾配面が取り付けられた屋根のこと。
四柱屋根ともいいます。
これに対し、棟がなく四つの勾配面が一点に集まる屋根を方形屋根(ほうぎょうやね)といいます。

代表的な屋根形状には、他に、入母屋屋根(いりもややね)、片流れ屋根(かたながれやね)、切妻屋根(きりづまやね)、陸屋根(ろくやね、りくやね)があります。
このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら