家づくり用語集

本鳥の子紙

本鳥の子紙とは、襖(ふすま)の上貼りに用いられる最上級の襖紙のこと。
野生の雁皮紙(ガンピシ)を手漉きにしたもので、紙肌は柔らかく、色は赤クリームの自然色で、これを「鳥の子色」と呼んでいます。
また独特の艶(光沢)があり、湿気に強く、保存性が高いという特徴もあり、江戸時代には、越前産の鳥の子紙が最上品といわれていました。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら