家づくり用語集

保有水平耐力

保有水平耐力とは、地震力や風圧力などの水平力に対して、住宅などの構造材が耐えることができる力(抵抗力)のこと。
一般に保有水平耐力は、建築物の層の変形の安全限界、あるいは外装材の変形制限から求められます。
建築基準法では、高さ13m超または軒の高さ9m超の特定建築物(高さ31m以下)に対して、「保有水平耐力は必要保有水平耐力以上であること」と、定められています。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら