家づくり用語集

壁量の充足率

壁量の充足率とは、小規模な木造住宅(2階建て以上、あるいは延床面積50m2以上)の平面図において、タテ(張り間方向)、ヨコ(けた行き方向)双方の、両端の4分の1スペース内にある存在壁量が、壁倍率1.0の場合の必要壁量に対してどれだけあるかを計算することを指します。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら