家づくり用語集

火打ち材

火打ち材とは、木造住宅などで、軒桁のように、水平に直交する部材間の隅を補強するために、斜めに入れる部材のことを指します。
梁や桁に対して入れるものを「火打ち梁」、土台に対して入れるものを「火打ち土台」などと呼び分けます。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら