家づくり用語集

柱の浮き上がり

柱の浮き上がりとは、地震力や風圧力を受けて、住宅などの建築地物が浮き上がった際に、柱に加わる浮き上がり力や引き抜き力のことを指します。
これに対して建築基準法では、柱脚部を中心とする継手(部材と部材を同一方向に接合すること)や仕口(二つ以上の部材を直角に接合すること)の構造を、細かく規定しています。
このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら