未来の家って何だろう?

二世帯住宅。上手くいくかな?

経済面や生活面のメリットから、改めて人気が高まっている二世帯住宅。 ライフスタイルの異なるふたつの家族がそれぞれの幸せを実現するために、 思いがけないメリットや見落としがちなポイントをチェックしていきましょう。

一級建築士、サーティファイド ファイナンシャル プランナー、インテリアコーディネーター、住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引主任者。株式会社らいふでざいん雅庵 代表取締役。住まい提案には欠かせないライフデザインを取り入れた設計で、数多くの注文・分譲住宅、賃貸住宅の企画・設計・建設に携わる。自身3度の二世帯住宅を経験し、そのメリット・デメリットを実感。建築士・FPの立場から、二世帯住宅の住まい方、相続問題の事前対策の提案などを得意とする。著書に『絶対後悔しない 二世帯住宅のつくり方』(ファーストプレス刊)など。

  • 二世帯住宅を考えるときに知っておきたい「3つのタイプ」

    間取りを考えるときに"予算とのにらめっこ"となることがあります。しかし、予算優先でプランを決めてしまうのではなく、お互いの要望を出しあい、自分たち家族にあったパターンを見つけることが重要です。たとえば、「一部共有型」にしたいと考えたとき、共有スペースはお互いのライフスタイルや、家族間の関わり方などを考慮して、何をどうすべきか検討するといった具合です。二世帯住宅は、親世帯、子世帯が一緒にひとつ屋根の下で暮らす、やさしい住まいです。計画段階からお互いによく話し合うことが、もっとも大切です。「親は和室一間でいいだろう」「予算や敷地の広さからすると共有型しかないだろう」と勝手に決めてしまったり、「お金を出すのは息子だから我慢しよう」などと遠慮したりは、後々のトラブルの原因になりかねません。住み始めてから「こんなはずではなかった」とならないためにも、"勝手"と"遠慮"は禁物です。


  • お互いのプライバシーを確保できる!

    完全分離型は、各世帯の日常生活を完全に分けて、プライバシーを確保できるのが一番の特徴です。ただし、すべての設備を別々に設ける必要があるので、一定以上の床面積は必要になります。
    完全分離型は、上下階で分ける方法と、左右で分ける方法があります。
    上下階で分けるときは、特に物音を気にしないで暮らせる間取りに配慮が必要です。
    左右で分けるほうが独立性は高いものの、2軒建てる場合とほぼ同じ建築費がかかります。


  • 個々の時間を大切にしながら共生できる!

    世帯それぞれの暮らしを尊重しながら玄関や浴室など生活空間の一部を共有する「一部共有型」は、共有スペースのつくり方が大きなポイントになります。互いのライフスタイルを考慮しながら、家族間の関わり方や何を共有するのかをじっくり検討しましょう。互いの生活ゾーンと行き来しやすい配置、十分な広さや収納などへの配慮が必要です。
    また、ときには2世帯が一緒に食事をできるよう、どちらかの世帯に大きなダイニングテーブルを置くのもおすすめです。


  • お互いのプライバシーを確保できる!

    生活空間の多くを共有する「完全共有型」は、家事や育児を日常的に協力し合えるうえ、生活費や空間利用の効率化を図れるのがメリットです。
    プランニングでは、親世帯・子世帯の交流が円滑に行えるような工夫と、世帯それぞれが最低限のプライバシーを確保できる工夫がポイントに。
    また、足音や排水音などの騒音にも十分な配慮が必要です。

  • 二世帯住宅の間取りを考えるときの3つのポイント

    まずは、お互いのライフプラン・ライフスタイルを確認し、自分たちに合った間取りを探します。たとえば、子世帯は共働きで帰宅が遅く、一方親世帯が早寝早起きであれば、親世帯の寝室近くに、子世帯が利用する玄関や浴室などが隣接しない間取りがいいでしょう。そして、建築費の負担や、生活費の負担など、事前にルールを決めておきましょう。また、長く暮らしていくにつれ、次第に家族構成も変化していきます。例えば、親世帯の居住スペースを将来的にどのように活用していくかなど、事前に検討しておくことも大切です。

クレバリーホームなら

  • 親子世帯のつながりをデザインする「madoi」で理想の二世帯住居が叶う。

    普段はお互いのライフスタイルを尊重しながら、集まりたい時には親子両世帯がふれあう。クレバリーホームの二世帯住宅は、「ふたつの時間」がほどよく流れるお互いにとって心地いい距離感を叶えてくれる住まいをご提案しています。

    詳しくはこちら

  • 詳しくはこちら

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む
  • 一覧に戻る

他にもこんな記事があります。

  • 何で外壁タイルが
おすすめなの?
  • 外壁をキレイに長持ちさせるには?
  • 「ZEH(ゼッチ)」
ってどんな家?
このページの先頭へ