大人の住処を感じさせる、インナーガレージのある2階リビングの家。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 大人の住処を感じさせる、インナーガレージのある2階リビングの家。

建築実例

大人の住処を感じさせる、
インナーガレージのある2階リビングの家。

新潟県 A様邸

2階にリビング・ダイニング・キッチンを配置したA様邸。落ち着いた雰囲気のインテリアコーディネートが印象的。勾配天井が開放感あふれる空間を演出しています。
大人の住処を印象付ける、落ち着いた色合いでまとめた総タイル貼りの外観デザイン。側面にホワイトの縦ラインをあしらうことで、個性的な表情を演出しています。

マイホームへの要望に高いレベルで応えてくれた。

狙っていたエリアの土地が予算内で売りに出たことをきっかけに家づくりをスタートしたA様ご夫妻。当初からデザイン性やメンテナンス性を考えて、外壁タイル貼りにしようと決めておられたと言います。そんな折、偶然にも外壁タイルが標準仕様のクレバリーホームに出会います。

「決め手になったのは、外壁タイルはもちろん、ガレージやスキップフロア、スムーズな家事動線など、マイホームへの要望を挙げた時に、予算内で私たちのイメージに沿ったプランを作ってくれたところです」とご夫妻は当時を振り返ります。

A様邸が実現したのは、インナーガレージのある2階リビングの家。2階は、ワンルーム構成のリビング・ダイニング・キッチンと水まわりに加え、家じゅうの荷物を一手に引き受ける大収納スペース「MONOピット」を配置。インテリアは、ダークブラウンを基調に大人の住処を感じさせる落ち着いた雰囲気を演出しています。中でも奥さまのこだわりは、グルリと回れるキッチンとサニタリーからバルコニーへ一直線につながる洗濯動線です。

1階はガレージを中心に、ご夫妻の主寝室やゲストルームなどを配置しています。ご夫妻の共通の趣味というバイクや自転車をしまうためのガレージには、工具やパーツを置く棚や水栓を設けるなど、本格的なメンテナンスができるようになっています。「ここでバイクや自転車をいじってると、あっという間に時間が経ちます」とご主人も嬉しそう。

その他にも、ゆとりの広さを確保することで、物干しスペースとしてだけでなく、アウトドアリビングとしても活用できるバルコニーをはじめ、リビング脇の階段を上がった先に配置したスキップフロアならではの隠れ家的な和室や小屋裏収納など個性的な空間構成が印象的です。

内観同様にご夫妻がこだわったという外観は、ブラックを基調にホワイトの縦ラインを入れることで、個性的なデザインを表現した外壁総タイル貼り。屋根には、11.0kWの太陽光パネルを搭載。多い月で6万円の売電収入になることもあるそうです。ご夫妻の想いが詰まった素敵な“大人の住処”が完成しました。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻
延床面積:167.50㎡(50.66坪)
1階=95.25㎡(28.81坪)
2階=72.25㎡(21.85坪)
別途、MONOピット・小屋裏収納:29.75㎡(8.99坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成27年4月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<洗濯動線>
サニタリーからキッチンを通ってバルコニーまでを直線で結ぶことで、洗濯動線をスムーズにしたA様邸。「とても便利です」と奥さまも大満足です。

オーナー様

私たちの住みたい家のイメージを汲み取ってくださり、そこにプロならではの提案もプラスされて、大満足のマイホームが完成しました。コストパフォーマンスも良く、予算内で出来ることが多かったのも良かったです。少しエアコンをかけるだけで快適な室温になるので、改めて断熱性の高さを実感しています。

ご夫妻のセンスを感じさせるこだわり空間の数々。

ガレージや和室、バルコニー、主寝室など、趣味やプライベート空間にもご夫妻のセンスの良さや遊び心を感じさせるデザインテイストが表現されています。「雑誌や住宅展示場をまわって自分達の気に入ったテイストを採り入れていきました」とご主人。

バイクや自転車が趣味というご夫妻のこだわりが感じられるガレージ。お手入れ用に水栓を配したり、作業スペースもゆとりの広さを確保しています。
部品や工具を整理整頓するための棚やシンク付きの水栓など、A様邸のガレージには作業をしやすくするためのアイデアが数多く採用されています。
1階に設けられた主寝室は、リゾートテイストを思わせる落ち着いた雰囲気の空間に。ウォークインクローゼットは、ご夫妻それぞれの衣類を分けてしまえるようにしています。
リビング脇の階段を上がると、隠れ家的な和室が設けられています。ゲストが来た時は、こちらで食事をしたりするそうです。
アクセントウォールや個性的な床材といったデザイン性に加え、収納付き手洗い水栓や手すりなど利便性にも配慮したトイレ。ご夫妻のセンスの良さを感じます。
お庭の代わりにと広々とした空間を確保したバルコニー。プライベートと明るさを両立させるために、透過性のあるバルコニー手すりを採用しています。

生活空間にモノを出さないように計画的に配置された収納の数々。

A様邸では、生活空間になるべくモノを出さないようにするために、大収納スペース「MONOピット」や小屋裏収納といった大型の収納はもちろん、サニタリーやパントリー、1階ホールなど、使う場所・モノを考慮して計画的に収納を配置しています。

メインの玄関をいつでもスッキリと片付いた状態に保てるように、土間収納を配置。玄関ホールは大理石調に仕上げています。
グルリと回れる利便性の高い動線を確保したキッチン。背面には食料品のストックや食器類をしまう壁面収納を壁一面設けています。
家じゅうの荷物を一手に引き受ける大収納スペース「MONOピット」。使用頻度の高いモノは、すぐ使えるようにここに収納しています。
小屋裏収納は、約8帖の広さを確保しています。季節用品など、使用頻度の低いモノはこちらにまとめて収納。常設の階段なので、荷物の出し入れもラクラクです。

ページの先頭へ