共働きのライフスタイルを考慮した、家事や子育てのしやすい家。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 共働きのライフスタイルを考慮した、家事や子育てのしやすい家。

建築実例

共働きのライフスタイルを考慮した、家事や子育てのしやすい家。

新潟県 A様邸

吊戸棚をなくすことで、オープンな雰囲気を創出するキッチン。「家族の様子が見えるのがいいですね」と奥さま。ダイニングにいるご主人やお子さまとも自然に会話が生まれます。
2色に貼り分けた外壁タイルの雰囲気や3連の格子窓、ファサードのアールが、南欧風の雰囲気を演出する外観デザイン。屋根には3.75kWの太陽光パネルを搭載しています。

クレバリーホームの住宅性能を体感したのが決め手に。

青空に映える南欧テイストの総タイル貼りの外観デザインが印象的なA様邸。千葉県君津市にあるクレバリーホームの家づくりが分かる「クレバリーホームハウジングスクエア」で、高い性能や品質、住み心地を体感したご夫妻は、クレバリーホームを家づくりのパートナーに選ばれます。

そんなA様が家づくりのテーマにしたのは、「家事ラク・子育て」という共働きのライフスタイルを考慮したものでした。A様が実現したプランは、1階は階段を間取りの中心に設けることで回遊性の高い動線を確保。階段を取り囲むように、リビング・ダイニング・キッチン、和室や水まわりなどを配置しています。また、サニタリーからキッチン、サンルームまでを一直線に結んだ家事動線や、キッチンから目の届く位置に配したスタディコーナー、お子さまのお昼寝の場にも便利な和室など、理想のテーマ通りの空間が広がります。「家事動線は、朝の忙しい時間帯などに使いやすさを実感しています」と奥さまもニッコリ。

2階は、ご夫妻の主寝室をはじめ、プレイルームとして活用している子供部屋、遊び心満載のご主人こだわりの書斎など、プライベートエリアに加え、家じゅうの荷物を引き受ける納戸を配置しています。さらに、当初から考えていたという太陽光発電システムも搭載。「最高で15000円も売電できたこともあり、光熱費を大幅に削減できています」と嬉しそう。その他にも、玄関をいつでもスッキリと保つシューズクロークや、家じゅうの荷物を一手に引き受ける納戸、主寝室のウォークインクローゼットなど、適材適所の収納計画も光ります。

また、住み心地についても「家事がラクですし、子どもものびのびとしています。また、夏に帰宅した際、室内が涼しかったので、改めて断熱性の高さを実感しました」とご夫妻も満足なご様子。家事ラクと子育てのしやすさを一番に考えたA様邸。ご家族にピッタリの安心・快適な家づくりを実現しました。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻+お子さま1人
延床面積:127.70㎡(38.62坪)
1階=68.08㎡(20.59坪)
2階=59.62㎡(18.03坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成27年8月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<書斎>
ご主人が趣味の時間を楽しめるように、2階に書斎を設けています。「壁紙は思いっきり遊んでみました」とご主人の遊び心がうかがえる個性的な空間が印象的です。

オーナー様

スタッフの提案力や細やかなフォローはもちろん、施工実績や家づくりの知識も豊富だったので安心して任せることができました。また、クレバリーホームハウジングスクエアでの体験は、家づくりを進める上でとても参考になりました。コストと性能・品質のバランスも良く、大満足の我が家が完成しました。

家族の笑顔とふれあいを自然に育む空間構成。

いつでも家族みんなが自然に集まり、会話が弾み笑顔があふれる。そんな理想的な空間になるように、A様邸では空間レイアウトはもちろん、インテリアコーディネートなどにもこだわっています。ご家族のセンスの良さがうかがえるマイホームとなりました。

奥さまがお好きというナチュラルなカントリーテイストが印象的なリビング。ご家族の笑顔があふれる団らんの場に相応しい空間になっています。
キッチンから目の届く位置に、PCコーナー兼、将来お子さまの勉強の場となるスタディコーナーを配置。壁面はマグネットウォールなので、コミュニケーションボードとしても活用できます。
客間としてはもちろん、開け放つことでリビング・ダイニング・キッチンのアクセントにもなる和室。お子様の遊び場としても便利です。
将来の子供部屋は、3連の格子窓が印象的。現在はお子さまのプレイルームとして活用しています。おもちゃを広げたままにできるので奥さまも安心です。

スムーズな家事を実現する動線といつでもスッキリを叶える収納。

共働きのA様邸では、奥さまの家事の負担を軽減するために、家事動線や収納計画にこだわっています。「忙しい朝の時間帯など、複数の家事を同時に進める上で動線がスムーズだったり、場所ごとに収納があることで片づけやすかったりと、使いやすさを実感しています」と奥さまもニッコリ。

サニタリーからキッチン、その先のサンルームまでを一直線に結ぶことで、スムーズな家事動線を実現しています。
洗いたての重たい洗濯物を2階に持って上がらなくて済むように、キッチン脇にサンルームを配置。毎日、家事をこなす奥さまならではの視点が光ります。
着替えやタオルなどをスッキリと片付けられるサニタリー収納を採用しています。さらに、階段下収納を配置することで、さらに収納力をアップしています。
落ち着いた雰囲気が印象的な主寝室。ご夫妻の衣類をまとめて収納できるように、ウォークインクローゼットを配置しています。
2階に配した約2.5帖の納戸には、スーツケースや節句人形、季節モノの衣類など、使用頻度の低いモノをまとめて収納しています。
玄関に隣接して家族用のシューズクロークを配置。家族の靴はもちろん、雨具やベビーカーなどもまとめて収納できる広さを確保しています。

ページの先頭へ