お互いの生活リズムを尊重しながら、自然にふれあえる二世帯住宅。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. お互いの生活リズムを尊重しながら、自然にふれあえる二世帯住宅。

建築実例

お互いの生活リズムを尊重しながら、自然にふれあえる二世帯住宅。

埼玉県 O様邸

勾配天井を配したリビングや吊戸棚を無くしたオープンなキッチンが、開放感あふれる空間を演出する子世帯のリビング・ダイニング・キッチン。天井の梁や床材の素材感が温もりのある雰囲気を創出しています。
奥様が気に入られた細身のタイルを外壁全周にあしらったO様邸。「バルコニーのウッディな雰囲気にマッチするように色味を選びました」と奥様も納得の仕上がりになりました。

永く住み継いでいくための品質・性能へのこだわり

奥様のご実家の建て替えを機に二世帯住宅を考え始めたというO様ご家族。「使う木材の品質から、地震や台風に強い構造、住み始めてからかかるメンテナンス費用、光熱費を削減できる気密・断熱性など、永く住み継ぐためにも品質も性能も信頼できる家が理想でした。そんな折、インターネットで知ったクレバリーホームは、予算内ですべての条件が揃っていたんです」とご主人。

そんなO様邸が実現したのは、玄関と水まわりの一部を親世帯と共有する二世帯住宅。「両世帯がお互いの生活リズムを尊重しながら自然にふれあえるようにと考えたら、このカタチになりました」とご夫妻。ご両親も「ちょうどいい距離感だと思います」とニッコリ。

2階の子世帯は、奥様がキッチンからすべてを見渡せるように、ワンルーム構成のリビング・ダイニング・キッチンを採用。リビングの勾配天井や吊戸棚を無くしたオープンなキッチンなど、開放感を演出する空間構成も印象的です。また、お子さまの遊び場兼室内物干しスペースとしてリビングの一角に設けた多目的スペースや、お子さまのスタディコーナーとご夫妻のパソコンコーナーを兼ねたキッチン前のカウンターなど、家事ラク、子育てのアイデアも光ります。さらに、二世帯住宅ならではのこだわりとして、ご主人の帰宅が遅くなった時でも気兼ねなく入浴できるように、シャワールームを設けているのもポイント。

1階の親世帯は、リビング・ダイニング・キッチンを一体化させて広々とした空間を確保。利便性を考え、キッチンと水まわりを直線で結んでいます。玄関を挟んで反対側は、気兼ねなく一人の時間も満喫できるように、ご両親それぞれの個室を設けています。

その他にも、O様邸では適材適所の収納計画を実現するために、固定階段を設けた約7帖のロフト収納をはじめ、家じゅうに使うモノ・場所に合わせた収納を配置しています。

「いつでも助け合える安心感は、二世帯住宅の魅力ですね。住み心地も快適です」と目を細めるご夫妻の姿が印象的なO様邸でした。

DATA

所在地:埼玉県
家族構成:ご両親+ご夫妻+お子さま1人
延床面積:161.89㎡(48.96坪)
1階=79.91㎡(24.17坪)
2階=81.98㎡(24.79坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成27年4月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<子世帯シャワーブース>
帰りが遅いことも多いというご主人が、気兼ねなく入浴できるように、2階にはシャワールームを設置しています。

オーナー様

他社と比較しても、クレバリーホームは基本仕様の高さと価格のバランスが一番良かったと思います。また、スタッフの皆さんの人柄も良く、私たちの要望にも真摯に耳を傾けてくださったので、安心して家づくりをお任せすることができました。家づくりを進める上で、住宅館や体験宿泊もとても参考になりました。

両世帯それぞれを異なるコーディネートで表現。

O様邸では、1階の親世帯は、落ち着いた雰囲気を出せるようにダークブラウンを基調とし、また、2階の子世帯は木の温もりを感じるような明るめの色合いでコーディネートするなど、両世帯それぞれを異なるコーディネートで表現しています。

木の温もりを感じさせるコーディネートが印象的な子世帯のリビング・ダイニング・キッチン。家具や建具の色合いを合わせることで、統一感のある空間を創出しています。
広々とした子世帯の主寝室は、プライベートリビングとしても活用。「将来的に子どもが成長した時は、間仕切りして子供部屋を創る予定です」とご主人。
ダークブラウンの落ち着いたコーディネートでまとめた親世帯のリビング・ダイニング・キッチン。空間をスッキリと保つために、壁面収納もたっぷりと設けています。
親世帯には、それぞれの個室を設けています。「気兼ねなく一人の時間を満喫できるのがいいですね」とお父様もニッコリ。開口部を多くすることで、明るい空間を実現しているのもポイントです。

家事ラク・子育て・ふれあいをテーマにした家づくり。

家づくりを進める上で、家事のしやすさや子育てのしやすさはもちろん、両世帯が自然にふれあえる空間創りは重要なポイントでした。そこでO様邸では、間取りや動線に家事ラクや子育て、ふれあいをテーマにしたアイデアを採用しています。

リビングの一角に設けた多目的スペースは、お子さまの遊び場兼、雨天時の室内物干しスペースとして活用しています。「とても便利です」と奥様もお気に入りのご様子。
キッチンと対面するようにカウンターを設け、そこをお子さまのスタディコーナー兼、ご夫妻のパソコンコーナーとしています。「キッチンから目が届くので安心です」と奥様。
お庭の代わりに、広々としたバルコニーを設けたO様邸。ご両親たちも交え、バーベキューをしたり、お子さまのプールを出したりするそうです。
O様邸では、スムーズな家事動線を考えて、上下階ともにキッチンから洗面が一直線でつながるように工夫されています。

いつでもキレイを実現する適材適所の収納計画。

何かとモノが多くなりがちな二世帯住宅の悩みを解決するため、O様邸では玄関まわりや上下階のリビング・ダイニング・キッチン、各居室などに、適材適所の収納計画を採用。いつでもキレイに片付いた空間を実現します。

キッチンには、食料品のストックを収納するパントリーを配しています。「奥行きもあって収納力抜群なので、本当に使いやすいです」と奥様。
サニタリーには、家族の着替えや洗剤などをスッキリとしまえるよう、壁面を活用した埋め込み収納棚やマルチ可動棚を採用しています。
季節モノや使用頻度の低いモノなどをまとめてしまえるロフト収納。固定階段を設けているので、モノの出し入れもラクラクです。
メインの玄関をいつでもキレイに保つために、お客様と家族の動線と分けた玄関。家族用の動線には、玄関収納と雨具やコートをかけるパイプを配置。壁面にはスリッパ収納を採用しています。
限られたスペースでも、トイレットペーパーや掃除道具などをしまっておけるように、壁埋め込み型のトイレ収納や手洗い水栓付きの収納などを配置しています。

ページの先頭へ