ご夫妻のこだわりが詰まった、充実の我が家。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. ご夫妻のこだわりが詰まった、充実の我が家。

建築実例

ご夫妻のこだわりが詰まった、充実の我が家。

新潟県 H様邸

団らんの中心となるLDKは、奥様のご要望通り広々としたワンルーム構成。お子さまが元気いっぱい走り回っても十分な広さを確保しています。
外壁を総タイル貼りにしたH様邸。アクセントとして、2色のタイルを貼り分けています。シンプルさの中にも個性を感じさせるデザインに仕上がりました。

シュフレシリーズとスタッフの人柄が決め手に

H様邸がマイホームを実現するにあたりテーマにしたのは、家事ラクの間取りや子育てのしやすい動線を配した、夏涼しくて冬暖かい家。そんなH様邸が出会ったのは、女性目線のアイデア満載の住まいシュフレシリーズ。「間取りや動線の考え方がイメージ通りでした。しかもクレバリーホームは高気密・高断熱だというのも良かったですね」と奥様。

さらにご夫妻は、スタッフの人柄も大切にしたとおっしゃいます。「人柄はもちろん、家づくりに対する気持ちが良かったですね。このスタッフなら信頼できると思いました」とご主人。

そんなH様邸が実現したのは、当初から描いていた家づくりのテーマ通り、家事や子育てのしやすさをいちばんに考えた間取りに、ご主人のこだわりをプラスしたプランです。

1階は、ワンルーム構成のLDKにスタディコーナーや和室を配置。キッチンからサニタリーは家事効率を考え一直線に結び、その動線上には奥様専用の家事コーナーを設けています。また、ご主人のご希望だったバーをイメージしたカウンターもポイントです。

2階は、主寝室と子供部屋が2部屋に加え、ご主人の仕事部屋兼ホビールームの書斎、バルコニーに隣接した室内物干しスペースを配しています。さらに階段を上がると「なるべく生活空間にモノを出したくない」というご夫妻のご要望で小屋裏収納が設けられています。

最後に住み心地について聞いてみると、「家事や子育てもラクですし室内も快適です。それでいて、光熱費や月々の返済額は賃貸のときとほとんど変わらないんです。建てて良かったですね。本当に毎日、楽しいです」と大満足のH様ご家族でした。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻+お子さま
延床面積:110.44㎡ (33.40坪)
1階=56.31㎡(17.03坪)
2階=54.13㎡(16.37坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:2014年3月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<マグネットウォール>
壁に画びょうなどで穴を開けなくてもいいように、リビングをはじめ、家事コーナーやスタディコーナー、2階廊下など、様々な箇所にマグネットウォールを採用しています。

オーナー様

他社と違い、クレバリーホームは間取り提案など、とにかくアイデアの引出しが多かったです。また、私たちの要望にもしっかりと応えてもらえたので、嬉しかったですね。それと、当初不安に感じていた資金面や住宅ローンの返済についても、納得できるまで説明してもらったので、安心して家づくりを進めることができたのも大きかったです。最高のスタッフにも恵まれて、想像以上に快適なマイホームが完成しました。

ご夫妻それぞれのセンスが光る、こだわりの室内空間。

せっかくのマイホームだから、他にはない自分達ならではの個性を表現したい。そんな想いが伝わってくる、H様邸のこだわりの室内空間。ご夫妻それぞれが、自分らしくセンスを発揮して素敵な空間に仕上がっています。

モノトーンのコーディネートがお好きという奥様のアイデアで、LDKの空間的なアクセントとして壁の一面だけをシックな色のクロスに。奥様の遊び心がうかがえます。
「バーのような雰囲気で食事をしたり、お酒を飲んだりしたかったんです」と、ご主人の希望だったカウンターは、照明やカウンターの幅、固定式スツールなど随所にこだわりが光ります。
3帖の書斎は、ご主人の仕事部屋兼ホビールームとして活用しています。「趣味のモノを置いたり、仕事の書類などを広げたままでも気兼ねなく使えるので重宝しています」とご主人。
主寝室には、夫婦それぞれのクローゼットに加え、造作の本棚も配置しています。また、多面開口なので風の通りも良く快適だそうです。

家事ラク、子育てに配慮した、女性ならではのアイデア。

毎日の家事をこなしながら子育てや仕事も両立させていくには、効率的な家事動線や子育てのしやすい間取りを採用することがポイント。H様邸では、キッチンを中心にそれらの要素を配置することで、利便性の高い空間を創り上げています。

奥様お気に入りの引き下げ式の調味料ラック。「必要なときにサッと取り出せるのでとても便利です」とニッコリ。
忙しい朝でも家事を同時進行できるように、キッチンから一直線でサニタリーまで結ばれた水まわり動線。「効率的でとても使いやすいですね」と奥様も大満足です。
キッチンに隣接して設けられた家事コーナーは、コンパクトな空間ながらも棚や小窓が設けられており、スッキリと快適に時間を過ごすことができます。奥様が集中して仕事関係の勉強をする際、重宝されているそうです。
ダイニングの一角に、お子さまの成長を見据えてスタディコーナーを配置。キッチンから目が届くので、奥様はもちろんお子さまも安心です。
土地柄、雪が降ることも多いので、天候に左右されることなく洗濯物が干せるよう室内物干しスペースを設けています。バルコニーにも直結しているので、洗濯物の出し入れも便利です。
4帖の小屋裏収納には、普段使わない暖房器具や衣類などをまとめて収納しています。いつでもスッキリとした生活空間を実現します。

多彩な用途に対応する、使い勝手の良い空間の数々。

空間に柔軟性を持たせることは、家自体の使い勝手をアップすることにも繋がります。そこでH様邸では、それぞれの空間にいくつかの役割を持たせることで、家じゅうを無駄なく活用しています。

玄関とリビングからの2WAYを確保した和室。引き戸を閉じれば、個室の客間として。また、開け放てばLDKのアクセントにもなります。リビングからも目が届くので、お子さまのお昼寝や遊びスペースとしても活用されています。
お子さまが小さいうちは、プレイルームとして活用している子供部屋。2階の個室なので、急な来客時も広げたおもちゃを慌てて片づける必要がありません。
アウトドアリビングとして活用するために、ゆとりの広さを確保したバルコニー。水栓を配しているので、バルコニーをお掃除する際もとても便利だそうです。

ページの先頭へ