毎日の暮らしやすさを叶えながら、子ども達の成長を見守れる家。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 毎日の暮らしやすさを叶えながら、子ども達の成長を見守れる家。

建築実例

毎日の暮らしやすさを叶えながら、子ども達の成長を見守れる家。

香川県 A様邸

間取りの中心となるLDKは、陽射しが差し込む気持ちの良い場所。キッチンからすべてを見わたせるのも奥様のこだわりです。
シャープでモダンなデザインにしたかった、とご主人。片流れのルーフラインのシルエットと、白をベースにポーチ部分を貼り分けた総タイル貼りが印象的です。

女性目線の住まい「シュフレ」の考え方に共感しました!

「女性目線の家づくりが叶うシュフレの考え方と、外壁タイル貼りに惹かれました」とお話くださったのは、香川県にお住まいのA様ご夫妻。間取りの中心となるのは、広々とした空間を確保したLDK+和室。キッチンからすべてが見わたせるので、お子さまがどこにいても安心して家事に取り組めます。キッチンに隣接するように設置したパントリーは、食品や日用品のストックを保管できてとても便利だそうです。

その他にも、家族が一緒に身支度を整えてもじゅうぶんな広さを確保したサニタリーや、インナーバルコニーと連動した室内物干しスペース。使うモノ、場所を考えて配置された、大小様々な収納計画など、共働きの奥様を助ける家事ラクアイデアもポイントです。

また、A様邸では、親子のふれあいやお子さまがのびのびと暮らせる工夫として、ダイニングに設けたスタディコーナーや、遊び場としても重宝する和室、成長に合わせて空間を間仕切りすることができるロフト付の子供部屋などを採用しています。

もちろん、「シャープ&モダン」というテーマで取り組んだ外観デザインも、片流れのルーフラインと2色のタイルの貼り分けがアクセントとなり、ご主人のイメージにピッタリなデザインとなっています。

思い入れのたくさん詰まったマイホームの出来栄えに「住み心地は快適そのものです。子供たちが嬉しそうに遊んでいるのを見ると、建てて良かったなと思います。納得の予算で大満足のマイホームが実現できました」と笑顔で話すご夫妻の姿が印象的でした。

DATA

所在地:香川県
家族構成:ご夫妻・お子さま2人
延床面積:138.50㎡ (41.89坪)
1階=74.50㎡(22.53坪)
2階=64.00㎡(19.36坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:2013年10月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<主寝室>
「ここだけは他と雰囲気を変えたかった」とご夫妻。主寝室の壁の一面をシックな色合いのクロスにしました。照明も調光ができるダウンライトを採用しています。

オーナー様

当初、別のハウスメーカーで契約寸前までいっていました。でも、イマイチ決め手を欠いていたところ、住宅雑誌でクレバリーホームを見つけました。決め手になったのは、シュフレの考え方と外壁タイルでした。もちろん、家族の要望をしっかりと反映した提案力も大きかったですね。はじめての家づくりで不安なことも多かったのですが、丁寧に説明してくれたことで、納得しながら楽しく家づくりを進めることができました。

お子さまを見守りながら、のびのびと育てられる間取り。

奥様が家事をしながらお子さまの勉強を見守れるように、キッチンに隣接してスタディコーナーを配置。また、小さいうちはプレイルームとしても重宝する和室や子供部屋など、お子さまを見守りながらのびのびと育てられる間取りが魅力です。

キッチンから目の届く位置にスタディコーナーを配置。壁の一部にマグネット壁紙を採用し、時間割などを貼れるスペースとしています。
普段はプレイルームや節句人形を飾る場所として活用している和室。LDKにいてもお子さまに目が届くので、ご夫妻も安心だそうです。
将来的に間仕切りを設ける予定の子供部屋。広々とした空間では、お子さまも元気よく走り回ります。上部のロフトは収納やベッドスペースとして活用しています。

共働きの奥様もしっかりとサポートする家事ラクアイデア。

元気いっぱいの2人のお子さまの育児をしながら、家事に仕事にと奮闘されている奥様。そんな奥様の忙しい毎日を間取りからサポートできるように、A様邸では、女性ならではの様々な家事ラクアイデアが採用されています。

メインの玄関をキレイに保つために土間収納を配置。玄関ホールには、外出用のコートやカバンを収納するクロークを採用しています。
キッチン脇に設けたパントリー。「食料品だけでなく日用品もまとめてストックできて便利です」と奥様。履物が雨に濡れない勝手口の内土間もお気に入りだそうです。
家族が一緒に身支度を整えられるよう、じゅうぶんな広さを確保。タオルや着替えなどをしまうサニタリー収納も採用しています。
2階ホールは、奥様こだわりの室内物干しスペースに。出し入れを効率的にするために、バルコニーと隣接させているのがポイントです。
荷物の出し入れのしやすさを考えて、常設の階段を採用した小屋裏収納。季節用品などの収納場所として重宝されています。

ページの先頭へ