こだわりの土地に実現した、笑顔があふれる二世帯住宅。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. こだわりの土地に実現した、笑顔があふれる二世帯住宅。

建築実例

こだわりの土地に実現した、
笑顔があふれる二世帯住宅。

長崎県 K様邸

団らんの中心となるLDKは広々としたオープンな空間。底冷えがするという土地柄、床暖房を採用しています。床座で団らんの時間を過ごすことも増えたというご家族の暖かい雰囲気が印象的です。
スクエアなタイルを採用した外壁と、市松模様が印象的なK様邸の玄関アプローチ。シンプルモダンな雰囲気を醸し出す演出が魅力です。
寄棟の総2階のシルエットに、豊かな表情を与える2色のタイルの貼り分けや、クリアタイプのバルコニー手すりが印象的なシンプルモダンの外観デザインが印象的なK様邸。ご家族のご要望だった家族+ゲスト分の駐車スペースも確保できました。

要望の多さから、土地探しが難航。他社からは門前払いも。

二世帯住宅をご希望されていたK様ご家族は、土地探しからこだわられたと言います。「広さはもちろんですが、それ以外にも市街地や妻の実家、母親の職場、子どもたちの学校にも近い。それから、家族3人分とゲスト2台分の駐車場、家庭菜園をしたいので小さくても庭が欲しい、そんな要望を持っていました」とK様。様々なハウスメーカーに土地探しも含め依頼したそうですが「いずれも門前払いで、私たちも半ば諦めかけていたんです」と奥様。そんな中、偶然通りかかった分譲地でクレバリーホームに出会います。「他社と違い、クレバリーホームは時間をかけて親身になって土地探しをしてくれました」とK様。理想の土地が見つかる頃には、クレバリーホームの代名詞とも言える外壁総タイル貼りをはじめ、地震や台風に強い構造、高気密・高断熱、デザイン性、フリープラン、コストなどを熟知していたK様ご家族は、クレバリーホームを家づくりのパートナーに選ばれます。

K様邸が実現したプランは、寝室以外の部分をすべて共有する同居型二世帯住宅。1階は、LDK+和室を中心に、水まわり動線やお母様のお部屋などを配置。2階は子世帯のエリア。キッチン付きのセカンドリビングを中心に、各居室や家じゅうの荷物を一手に引き受ける納戸などを配置しています。新居での新しい暮らしについてお母様はおっしゃいます。「主人が亡くなってからは一人の時間も多かったのですが、今は孫たちもいて本当に明るく楽しい毎日になりました」。またK様ご夫妻も「子どもたちも母親とのふれあいをとても楽しんでいるようです」と二世帯住宅ならではの魅力に目を細める姿が印象的でした。

DATA

所在地 :長崎県
家族構成 :ご夫妻・お子様2人・お母様
延床面積 :158.00㎡(47.79坪)
1階=81.00㎡(24.50坪)
2階=77.00㎡(23.29坪)
商品名 :クオリス
竣工年月:2012年8月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<洗面脱衣所>
キッチンに隣接して配置することで、効率のいい家事動線を実現。「キッチンでの作業をしながら洗濯も出来て、大変便利です」と奥様もニッコリ。

<バスルーム>
「足も伸ばせるし、子供たちともワイワイ入れるので楽しいです」と奥様。カラーは、ご家族みんなが気に入って即決したそう。

オーナー様

クレバリーホームとの家づくりを思い返しても、性能、デザイン、コスト、スタッフ・・・、悪いところが1つも見つからないです。もちろん、家族ひとり一人の希望や要望も丁寧に聞いてもらえましたし、本当にいいハウスメーカーだと思います。現在、マイホームを考えている友人や職場の人にも勧めています!

家族のふれあいや利便性を考えた間取り。

家族みんながいつでも自然にふれあえるように。
また、来客時などもゆとりを持ってお出迎えできるように間取りに様々な工夫を施しています。

一階の共有キッチンは、吊り戸棚を設けず対面のオープンなスタイルに。キッチンからリビング・ダイニング、和室までが見渡せます。背面の収納なども多く使い勝手も抜群だそうです。
LDKとつながる和室は、2WAYなので来客時は閉めきることで個室としても便利。また、本家となるK様邸では、20人以上の親戚が集まる場合もあるそうで、その場合は襖を取り払いLDKの一部にするそう。柔軟性の高い空間構成がポイントです。
「子供が成長しても家族みんなが自然にふれあえるよう、絶対にリビング階段が欲しかったんです」と奥様。ご家族想いのアイデアが光ります。

荷物が多くなりがちな二世帯住宅も多彩な収納でスッキリ。

二世帯住宅は、どうしても家族の荷物が多くなりがち。
そんな悩みを解決してスッキリと住むために、K様邸では多彩な収納アイデアを採用しています。

本家となるK様邸は、やはり来客もとても多いそう。そこで、いつでも玄関をキレイにしておけるように、アウトドア用品や様々なモノが置けるクロークを配置しています。
階段下のデッドスペースを有効活用して、収納を設けました。高さと奥行きがありますので、掃除機や暖房器具などもラクラクしまうことが出来ます。
ご主人が選ばれたクロスが、遊び心を感じさせます。壁埋め込み式の収納を配置することで、限られたスペースもゆとりをもって使うことができます。

各居室にもご家族のこだわりが満載。

K様ご家族は、親世帯・子世帯ごとにそれぞれこだわりやライフスタイルに合わせた空間を実現しています。

シンプルにまとめられたお母様の寝室。壁面いっぱいに使ったクローゼットは収納力抜群だそうです。また、窓辺を飾るのがお好きなお母様らしく、出窓を採用されているのが印象的です。
ご夫妻とお母様それぞれお仕事をされている関係上、生活時間帯がバラバラというK様ご家族。夜は家族みんなで食事を摂るそうですが、忙しい朝の時間帯だけは子世帯エリアの2Fホールを活用したセカンドリビングで朝食やお弁当づくりなどを済ませるのだとか。
お子様がまだ小さいK様邸では、2部屋ある子供部屋をプレイルームとベッドルームとして活用しています。
「寝る場所だから、リラックス出来る雰囲気にしたい」と、ダークブラウンをキーカラーにコーディネートされた主寝室。ウォークインクローゼットを設けることで、スッキリと片付いた空間を実現しています。

ページの先頭へ