陽当たりのいい吹き抜けのリビングで大切な家族との至福のひととき。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 陽当たりのいい吹き抜けのリビングで大切な家族との至福のひととき。

建築実例

陽当たりのいい吹き抜けのリビングで
大切な家族との至福のひととき。

茨城県 M様の家

斜めの屋根のフォルムが美しい、風格と気品のある外観。外壁はこだわりのレンガ風タイルでどっしりとした雰囲気に。

ご主人の夢だった暖炉がリビングのアクセントに。

M様のご希望は「木造の暖かいぬくもりのある家」。まず1階の吹き抜けのリビングを決め、そのイメージに合わせて全体のお部屋をデザイン。天井が高い吹き抜けのリビングは、部屋がとても広く感じられます。そして、ご主人の夢だった暖炉が、お部屋にとても素敵なアクセントを与えています。2階は、将来のご同居を視野に入れ、長男ご夫婦用のお部屋として設計。広々とした印象の2階のファミリースペースを、いずれ第2のダイニングキッチンに改装というアイデアもあるそうです。

DATA

所在地 :茨城県
敷地面積 :414.00m2(125坪)
延床面積 :200.0m2(60.5坪)
1階=116.00m2(35.09坪)
2階=84.00m2(25.41坪)
商品名 :Vシリーズ
竣工年月日:2004年8月
工法・構造:ハイブリット工法
SPG構造

こだわりの逸品

<レンガ風タイル>
外壁にはどっしりした印象の耐火性に優れたタイルをセレクト。光の当たり具合で微妙に色合いが変化します。職人さんが1枚1枚、手作業で貼ります。

<暖 炉>
リビングにはご主人の夢だった暖炉!北欧のメーカーから取り寄せ、大満足の仕上がりです。2階までぽかぽか!

広い家だからこそ、コミュニケーションを大切にする工夫を。

憧れの広い家にしたけど、コミュニケーションがとれない…、なんてさみしいですよね。間取りを工夫すれば広くても家族の声や気配を感じることができて、しかもそれぞれのプライバシーもしっかり守れます。

高い吹き抜けのある広いダイニングは家族のお気に入りのスペース。対面キッチンなので、家事をしていても会話を楽しめます。。
吹き抜けの上部に位置し1階を見下ろせる、ゆったりと読書が楽しめる2Fのファミリースペース。家族とコミュニケートしやすく、ひとりで読書していても安心できる、ご主人お気に入りの空間。
広い庭で、息子さん夫婦とお孫さん、そして2匹の愛犬と過ごす楽しいひととき。

光と風が交差する明るい空間に大満足です。

窓や吹き抜けを設けることで、それぞれの部屋に光や風があふれて明るく爽やかな雰囲気に。とっても居心地のよい空間が生まれました。

2階の寝室は天井まである大きな三角窓から明るい陽射しが差し込みます。
ダイニングとリビングは間仕切りはあるものの、広々としたひとつのスペース。また窓を2か所につけた、こだわりのバスルームは、1日の疲れを癒してくれます。
吹き抜けの広い空間がリビングとダイニングに光と風の流れをつくり出します。

将来のことを考えたらみんなに優しい家になりました。

将来は若夫婦と孫と一緒に暮らしたい、そんなご夫婦の夢が形になりました。

二間続いた和室は、襖を開けて使えば、大勢のお客様のときでも大丈夫。
リビングから2階へと続く階段は、通常15段のところを17段にして、1段をやや低く、上りやすい工夫がされています。
将来、息子さんご夫婦と同居するための2階にも個室を作りました。

ページの先頭へ